【ミュゼプラチナムの予約変更】ミュゼは予約のキャンセル料金がある?

脱毛

ここでは、ミュゼの予約変更・キャンセルについて詳しくみていきます。

会員サイトやアプリでの予約変更・キャンセルの仕方について、予約変更やキャンセルの仕組みについて、ペナルティの有無についてなど、これを読めば、ミュゼの予約変更についての知識はバッチリです。

特にアプリを利用すると、手続きが便利という声が多いので、まだ利用していない場合は、アプリをぜひ使ってみてください。

急な予定変更の場合も、ミュゼだったら安心して変更・キャンセルができますので、安心して脱毛に通うことができますよ。

ただ、回数制の契約していて、解約を検討したい場合のみ、当日キャンセルは気を付ける必要がありますので、その点は注意してくださいね。

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ここでは、会員サイトから予約変更・キャンセルをする方法をご案内します。

①まず、会員サイトからログインをします。

*まだユーザー登録が済んでいない方は、「ユーザー登録がまだの方」より登録をすませましょう。

*パスワードを忘れてしまった場合は、こちらから再発行をしてくださいね。

画像引用元:ミュゼ公式サイト

②ログイン後、画面左にある、「お手入れ予約・変更」をクリックし、現在の予約状況の詳細ページを表示します。

③予約変更の場合→「予約内容を変更する」ボタンを押します。キャンセルの場合→「この予約内容をキャンセルする」ボタンを押します。

④予約変更の場合→新たな日時を設定して完了です。キャンセルの場合→再度表示される「キャンセルする」ボタンを押して、キャンセル確定です。

会員サイトからは、24時間いつでも脱毛予約・変更・キャンセルが可能です。
予約の変更・キャンセルは「お手入れ開始の24時間前」をすぎると当日キャンセルの扱いとなります。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

ここでは、アプリから予約変更・キャンセルをする方法をご案内します。
ミュゼのアプリは、「ミュゼパスポート」と呼ばれるものです。

画像引用元:App Store

①スマホアプリを立ち上げ、会員番号またはメールアドレスと、パスワードを入力してログインします。

②予約のページを開き、予約状況を確認します。

③変更、キャンセルのボタンが表示されているので、予約変更の場合は変更を、キャンセルの場合はキャンセルを押します。

④予約変更の場合→新たな日時を設定して完了です。
キャンセルの場合→再度表示される「キャンセルする」ボタンを押して、キャンセル確定です。

アプリからは、24時間いつでも脱毛予約・変更・キャンセルが可能です。
予約の変更・キャンセルは「お手入れ開始の24時間前」をすぎると当日キャンセルの扱いとなります。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

ここでは、電話で、予約変更・キャンセルをする方法をご案内します。

電話での予約変更・キャンセルは、会員専用ダイヤルで可能です。

【ミュゼプラチナム 会員さま専用ダイヤル】

電話番号 0570-007830
受付時間 9:00~18:00(全日)

会員サイト・アプリでは24時間、予約・変更・キャンセルが可能となっていますが、電話は9:00~18:00のみ、となっているのでご注意ください。

状況によっては、回線が混雑をしてしまい、つながりにくい場合が出てしまうので、時間に余裕をもって電話をするとよいでしょう。

電話の場合でも、予約の変更・キャンセルは「お手入れ開始の24時間前」をすぎると当日キャンセルの扱いとなります。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼが初めての方が予約をするものが、【無料カウンセリング】となります。
ここでは、【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルについて、ご案内します。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは、ミュゼ会員の方とは方法が異なります。

以下の2つで無料カウンセリングの予約変更・キャンセルが可能です。

①カウンセリング予約の完了メールURLから行う 変更&キャンセル専用のURLをクリック
②電話で行う カウンセリング予約専用ダイヤル
0120-489-450

無料カウンセリングをキャンセルする場合は、特にペナルティはありません。

当日キャンセルをすることも可能ですが、予定が分かった時点で早めのキャンセル、または予約変更をすることを心がけましょう。

無料だから、といって、無断キャンセルをすることは、避けるようにしましょうね。

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ここでは、ミュゼの予約変更やキャンセル時のペナルティについて詳しくみていきます。

まず、ミュゼでは予約変更・キャンセルともにキャンセル料を支払う、といったペナルティはありません。

ペナルティはないのですが、予約の24時間前かどうか、で予約変更・キャンセルの扱いが変わってきます。
予約の24時間前を過ぎると、「当日キャンセル」にとなり、ペナルティはないものの、注意が必要になります。

予約の24時間前まで 予約変更・キャンセルともにペナルティなし
予約の24時間前を過ぎる 「当日キャンセル」とみなす

例えば、3月5日11時で予約をしている場合、3月4日11時を過ぎてからの予約変更・キャンセルは当日キャンセルになる、ということです。

当日キャンセルの定義
・お手入れ開始時間までにご来店がなかった分のお手入れ
・お手入れ開始時間の 24 時間前を過ぎた変更・キャンセルを行った分のお手入れ
※当サロンの起因による過失によってご予約どおりにお手入れができない場合は、 当日キャンセルには該当いたしません。 引用元:ミュゼ公式サイト

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ここでは、当日キャンセルについて詳しくみていきます。

当日キャンセルの場合、キャンセル料はかかりませんが、回数制コースで契約をしている方は、キャンセルに該当するお手入れが消化されたもの、とみなされるため、注意が必要です。

つまり、回数制コースの方は、当日キャンセルをすると、1回分の回数がお手入れ済みとしてカウントされる、ということです。(契約期間内であれば、回数保証制度により、お手入れは受けられますので、ご安心ください。)

ただ、解約時に当日キャンセル分は、解約時の返金対象にならない、というペナルティがでてきます。

例えば、8回コースで契約をして、1回目の施術予約で当日キャンセルをし、その後解約をしたい、となったときで考えてみると、解約時の返金対象になるのは、7回分となる、ということです。

回数無制限のコースで契約をしている方は、ペナルティはありません。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ここでは、ミュゼの回数保証制度について、詳しく見ていきます。

当日キャンセルをした場合、回数制コースを契約している方は、1回分がお手入れ済みとなる、とお伝えしました。
ただ、それでは1回分がもったいない、と感じてしまいますよね。

ミュゼでは、このようなケースでも不利にならないよう、回数保証制度、を設けています。

つまり、当日キャンセルに該当したお手入れ分については、回数保証制度により契約期間内のお手入れが可能、となります。

できる限り予約の24時間前のキャンセルを心がけたいものですが、急な用事だったり、大幅に遅刻してしまうときなど、予約の24時間前を過ぎてからキャンセルをせざるを得ない状況は誰にでも起こります。

そんなときも回数保証制度があることで、別日に改めて予約がとれますので、安心できますね。

ミュゼの契約期間について

ここでは、ミュゼの契約期間についてみていきます。
回数保証制度で、契約期間内のお手入れが可能、とお伝えしたので、契約期間ってなに??と疑問を持つ方もいると思います。

ミュゼの契約期間は、契約をしたコースごとに設けられています。
ご契約書または、会員サイト・アプリの「ご契約コース内容」のところで、確認ができます。

ミュゼの契約期間は基本は3年間です。契約期間内にお手入れをすることで、最大5年まで契約期間の延長ができます。

契約を延長したいという場合は、契約が切れる1年以内にお手入れを受ければ、1年延長となる仕組みです。

画像引用元:ミュゼ公式サイト

通い放題コースの方は、契約時期によって、契約期間が異なるそうですので、確認をしてみてください。
契約期間については、お客様自身で管理をしてくださいね、というスタンスですので、うっかり契約期間が終わっていた、とならないようにしましょう。

ミュゼの回数保証制度について

ここでは、ミュゼの回数保証制度について、具体的事例をご紹介します。

・うっかり自己処理を忘れて、サロンにいってしまった

ミュゼでは、施術前の自己処理(シェービング)をお願いしています。自分でできない範囲はサロンでシェービングしてもらえますが、まったくシェービングをしていない状態だと、脱毛の施術ができず、予約変更をお願いされるケースがあります。
せっかくサロンにいったのに、施術が受けられないのは残念ですが、回数保証制度により、ペナルティはなく、別日で予約をとることができます。

・予約日時を勘違いしていて、予約時刻10分過ぎのサロンからの電話で予約の勘違いに気づいた

この場合、自分から予約の変更やキャンセルをする、ということはしていませんが、当日キャンセルになってしまう、というパターンです。回数保証制度により、1回分を無駄にせず、別日で予約を取ることができます。

誰でもうっかりしてしまうことがあるので、回数保証制度は、そういうときでも安心できる仕組みだといえますね。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ここでは、ミュゼの予約変更・キャンセルについて、おさらいしていきます。
サロンに気持ちよく通えるように、しっかり基本的な仕組みをおさえるとよいですね。

【予約変更・キャンセルの方法は3つ】
①会員サイト
②アプリ
③電話

【予約開始時期の24時間前までは、自由に変更・キャンセルが可能。ペナルティなし。】

基本は24時間前まで、予約変更・キャンセルをお願いしていますが、予約時間の24時間前を過ぎてしまってからの予約変更・キャンセルもペナルティはありません。
他サロンでは、ペナルティとして数千円を支払ったりするケースがあるので、ミュゼはとても良心的な対応をとっているといえるのではないでしょうか。

ただ、遅刻については、どの程度遅刻するかにもよるのですが、状況により施術ができないケースがありますので、ご注意くださいね。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

ミュゼでは、予約開始時間の24時間前を過ぎてしまうと、「当日キャンセル」となってしまいます。
ここでは、当日キャンセルに該当するケースを詳しくご紹介します。

ケース1:お手入れ開始時間までに来店がない

どういうことか、というと例えば、12時に予約がはいっているのに、12時に来店していない、という場合を指します。
予約の時間になっても、来店がない場合、サロンから電話が入る場合がありますので、確認をしてくださいね。

サロンに向かっているけれど、5分遅れてしまいそう、といった遅刻になってしまう場合は、予約時間の前にあらかじめ電話をするとよいでしょう。遅刻の状況により、別日での予約となるケースもありますし、施術はできるけれど、一部の部位は施術できない、というケースもありますので、サロンスタッフさんの指示にしたがってくださいね。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

ミュゼでは、予約開始時間の24時間前を過ぎてしまうと、「当日キャンセル」となってしまいます。
ここでは、当日キャンセルに該当するケースを詳しくご紹介します。

ケース2:お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

例えば、4月3日16時に予約をしていた場合、4月2日15時59分までの予約変更・キャンセルは当日キャンセルには該当しません。4月2日16時をすぎて予約変更・キャンセルをすると、当日キャンセルとなります。

ミュゼでは、2016年12月1日から、この仕組みにかわっていますよ。
サロンによって、予約変更やキャンセルの方法や仕組みが異なりますので、混同しないようにお気をつけくださいね。

当日キャンセルでも回数が減ってしまう、というペナルティはありませんので、ご安心ください。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ここでは、予約のキャンセル待ち、についてご案内します。
なるべくならより都合のよい日時で予約をとりたいものですよね。

当日キャンセルをした場合でも、キャンセル待ちですぐに予約がとれることがあるので、ぜひ活用してみてください。

ミュゼでは、会員専用アプリ「ミュゼパスポート」で、予約のキャンセル待ちが可能となっています。

キャンセル待ちは、「空き時間通知」の登録をすることで可能となります。

①脱毛を受けたい希望サロンと、日時を2つまで設定する
②希望した日時に空きが出たら通知がくる
③通知確認後、すぐに「ミュゼパスポート」アプリから予約を入れることができる

当日予約もアプリから直接行うことができますので、便利ですよ。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

ここでは、無断キャンセルについて、詳しくみていきます。
無断キャンセルはどのようにみなされるのか、というと、当日キャンセルと同じにみなされます。

無断キャンセルは、頻度としては多くないとのことですが、予約の時間になっても来店がない場合は、サロンから電話があるそうです。電話に出れず、サロンから着信があった場合は、折り返し電話をするとよいでしょう。

脱毛の施術は定期的に通うことになりますので、お互い気持ちよく通えるよう、無断キャンセルになってしまったから、もう連絡しなくてもいいか、で終わるのではなく、予約時間を過ぎてからでも、キャンセルの連絡は入れることをおすすめします。

当日キャンセルと同様にみなされるので、無断キャンセルでもペナルティはありませんし、次回予約も取ることができます。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

ミュゼでは、無断キャンセルになった場合も、ペナルティは発生しない、とお伝えしました。

通い放題コースの方は、実質ペナルティはありませんので、無断キャンセルとなってしまっても、ご安心ください。

回数制コースを契約されている方のみ、万が一解約をする、となった場合に、無断キャンセル分は解約時の返金対象にならない、というペナルティがありますので、ご注意くださいね。

契約している施術回数は、契約期間内であれば、しっかり回数保証がされますので、無断キャンセルとなってしまった場合でも、安心して通うことができますよ。

通い出してからの不安や、コースを変更したいといった相談があれば、遠慮なくスタッフさんに相談してみてくださいね。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼでは、無断キャンセルになった場合でも、次回予約はとれる、とお伝えしました。

予約を忘れてしまって、サロンから電話があった際、電話にでて、予約を忘れていたことを伝えると、その場で予約キャンセルをしてくれるそうです。キャンセルが確定すると、すぐ次回の予約が取れるようになりますよ。

すぐに予約がとりたい場合は、アプリの当日予約やキャンセル待ちの活用が便利ですし、なかなか予約の空きがでない場合は、隙間時間に予約状況をチェックしてみるとよさそうです。

無断キャンセルでも、特別なペナルティが課されることはありませんが、予約枠を無駄にしてしまうことになるので、スケジュール把握をしっかりしておくことをおすすめします。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

「脱毛予約日の朝に生理になっちゃった、キャンセルできるのかな?」「生理になりそうだから、キャンセルしたいけど、キャンセルしたらどうなるんだろう??」といった、生理について不安に思うことがあるかと思います。

ここでは、生理になったときに急なキャンセルができるのか、を詳しくみていきます。

ミュゼでは、予約日に生理になった場合でも、ペナルティなくキャンセルが可能です。ただ、当日のキャンセルとなるので、当日キャンセルと同じ扱いになります。

予約変更・キャンセルは、会員サイト・アプリ・電話の3つから対応できますので、予約時間前までに変更・キャンセルをするようにしましょう。

生理で予約をキャンセルすると、次回予約がなかなかとれない、という口コミをみることがありますので、自分の生理周期をよく把握して、生理の予定日と被らない日を選んで予約をとることをおすすめします。

とはいえ、生理がずれちゃった、ということはよくあることです。心配しすぎることはありませんよ。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

ここでは、生理中は施術はまったくできないのか、という疑問について、お答えしていきます。

まず、ミュゼでは、施術部位によっては、生理中でも施術可能、となっていますが、痛み止めなどのお薬を服用した場合は、どの部位であっても、施術ができません。

生理中に施術ができないのは以下の部位です。

生理中に施術ができない箇所 デリケートゾーン(VIO)

デリケートゾーンは、生理が終わりかけのころでも施術はできないので、ご注意ください。
しっかり生理が終わってから、施術を受けてくださいね。

生理中は、肌が敏感になっていますし、デリケートゾーンは特に生理の影響を受ける部位でもあるので、ばれなければ大丈夫、といった無理をすることのないようにしましょう。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

では、ミュゼで人気の両ワキ+Vライン脱毛完了コースの場合、生理中の施術は可能なのでしょうか。

結論、生理中の施術はできない、となります。

両ワキ+Vライン脱毛完了コース 生理中に施術ができない

両ワキ+Vラインの2か所セットのコースとなっているため、両ワキのみ、では施術ができません。残念ですが、予約日に生理になってしまった場合は、予約変更またはキャンセルをしましょう。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは1週間前からのみ予約が取れるコースとなっているので、こまめに空き状況をチェックして次回予約をとるとよいでしょう。

また、ミュゼの公式アプリ「ミュゼパスポート」で、生理日や排卵日が予測できるカレンダー機能があるので、予約を取るにあたって、この機能活用してみるのもよさそうです。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

ミュゼの全身美容脱毛コースでは、生理中の施術は可能なのでしょうか。

結論、VIOの施術だけ別の日に振り替えることで、他の部位は施術が可能です。

全身美容脱毛コース VIOを除いた部位は、生理中でも施術可能

当日生理中で施術ができなかったVIOの脱毛は、後日振り替え予約が可能となっているので、契約回数を消化して損をしてしまう…ということはありません。

ただし、生理中でVIOを除く部位の脱毛をおこなう場合は、お手入れ箇所の変更という扱いになり、事前に、電話での予約変更が必要となります。

ミュゼ会員さま専用ダイヤル:0570-007830

会員サイト・アプリからはお手入れ箇所の変更手続きができないため、必ず、上記まで電話をするようにしましょう。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

ミュゼでは、生理中は、VIOラインは施術不可、契約しているコースによって、施術可能な場合もある、とお伝えしました。

とはいえ、生理中は、ホルモンバランスの影響で、いつもより肌が敏感になっている時期です。
脱毛の施術を行ったとしても、痛みを感じやすくなったり、赤みがでる場合もあります。人によっては、施術中に気分が悪くなってしまうことも考えられます。

こうした理由から、可能であれば、生理中は脱毛をお休みするのがベストといえます。

ミュゼでは、生理による当日の予約変更・キャンセルも、ペナルティなくできますので、安心してお休みして大丈夫ですよ。

予約日の当日に、店舗に到着してから生理が来てしまうことがあるかもしれません。
そのような場合も、スタッフさんに正直に伝えて、予約変更をするようにしましょう。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

これまで、ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについて、詳しくみてきました。

ミュゼには専用のアプリがあり、キャンセル待ちができることから、予約変更・キャンセルにおいては特に便利といえます。
また、解約を考えなければ、当日キャンセルや無断キャンセルでもペナルティが課されることはなく、通いやすいといえます。

【予約変更・キャンセルは3つの方法で対応可能】
①会員サイト
②アプリ
③電話

予約変更・キャンセルのやり方を詳しくみてみる

【予約の24時間前を過ぎてからの変更・キャンセルは、当日キャンセルの扱いとなる】

【当日キャンセルの場合のみ、解約時に当日キャンセル分の回数を消化したもの、とみなされる(回数制コースの場合)】

当日キャンセルについて詳しくみてみる

生理や体調不良など、女性は特に、急な予約変更・キャンセルが必要な場合がありますよね。
ミュゼの仕組みなら、そういった不安を払拭できるといえますね。

生理時のキャンセルについて詳しくみてみる

関連ページ:【ミュゼの口コミ】脱毛サロンの料金が安いと効果ないの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました